当社はグロース上場 GA technologiesのグループ会社です
証券コード:3491

役員紹介

Officers
代表取締役

中原 駿男

想い
企業の成長の手段や後継者不在の解決手段として、「M&A」という経営戦略を取る企業はこの10年間で爆発的に増加しました。 スピカコンサルティングは「完全業界特化型のM&Aコンサルティングファーム」として、顧客が所属する業界を愛し、深く理解し、経営者の皆様と共に業界の未来を語り合い、M&Aを通じてお客様の業界に貢献していきたいと考えるメンバーが集まり創業しました。 経営者人生で最大の決断ともいえる「M&A」を実行するのですから、譲渡オーナーにとっても、譲り受けた企業にとって必ず成功してほしいと強く願っています。 みなさまの輝く未来のため、私たちスピカコンサルティングは最高品質のM&A支援をお約束いたします。
経歴

慶應義塾大学経済学部卒。2010年にみずほ銀行に入行し、法人営業に従事。2014年からは日本M&Aセンターにて、地方の事業承継解決問題に取り組む。その後、中堅M&A仲介企業の取締役として業界特化の業界再編戦略本部を立ち上げる。2022年8月にスピカコンサルティングを設立。2023年7月、M&A業界をテクノロジーで進化させたい思いでGA technologiesと資本提携を実施。

専門業界:エネルギー・建設

取締役

松栄 遥

想い
私は岐阜県郡上市の田舎で育ち、中堅・中小企業の事業承継の課題を目の当たりにしてきました。優れた技術やサービスを持つ企業は日本各地に点在しており、こうした技術を次の世代に引き継いでいくことが、日本経済の更なる発展には不可欠だと信じています。 経営者は自らの役割を適切な人材に繋ぎ、次代を担うリーダーは使命感を持ってその任務を継承する。これは企業の発展だけでなく、地域社会を活性化させていくことにも繋がります。ですがM&Aで、譲渡オーナーや譲り受け企業の株主、経営陣、社員、ご家族などあらゆるステークホルダーに心から満足頂ける"成功のM&A"を成し遂げるためには、徹底的な準備と緻密な戦略が欠かせません。 私は、社会の発展と経済の牽引力となる、M&Aのコンサルティングに情熱を傾けています。そして我々スピカコンサルティングは、企業がより発展するためにM&Aサービスだけでなく「バリューアップコンサルティング」という企業の価値を最大化する支援にも注力しています。 皆様が輝かしい未来を迎えることを心より願っております。
経歴

岐阜県出身、横浜国立大学工学部卒。2012年にキーエンスに入社し、国内トップクラスの成績で受賞歴多数。2016年、日本M&Aセンターに入社し、年間新人賞を受賞。ファンドカバレッジ事業部の設立に貢献。2019年にはM&Aコンサルティングを共同創業し、代表取締役に就任。2023年にスピカコンサルティングに参画。

専門業界:製造・美容サロン

取締役

山本 夢人

想い
かつて私自身も経営者でした。 10名ほどの中小企業を経営することの大変さも面白さも身をもって実感してきました。 その経験から事業承継問題の解決と同時に企業の成長戦略を描くためには、M&Aを活用することは必須の経営戦略だと感じ、M&A業界に身を投じました。 関係する全ての方が成功するためにも我々M&Aのコンサルタントは、企業の価値を適正に評価する必要があると考えています。そのためにも、私たちは担当業界における専門性を磨き、深く業界を知った上で、企業を知り、オーナーの想いを知ることによって、譲り受け企業に対して最高の提案を実現できるよう日々心がけています。 スピカコンサルティングの取り組みが各業界の発展につながり、1社でも多くの企業が星のように輝き続けることを願ってやみません。
経歴

石川県出身、東京大学工学部卒。2010年に野村證券に入社し、その後土木資材メーカーで副社長となり経営に参画。2016年に日本M&Aセンターに入社し、入社以来一貫して業界特化型のM&Aに従事。2019年には全社MVPを受賞し最年少で部長職となる。2023年スピカコンサルティングに参画。

専門業界:調剤薬局・物流

取締役

樋口 龍

経歴

幼い頃より世界的なサッカー選手を目指し、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成選手として所属。24歳でビジネスへ転向。2013年にPropTech(不動産テック)企業を目指し、株式会社GA technologiesを設立。ネット不動産投資サービスブランド「RENOSY(リノシー)」の開発・運営を始め、不動産ビジネスのDX推進に取り組む。2018年、創業から5年で東京証券取引所マザーズ(現グロース市場)に上場。

専門業界:不動産・IT